ビタミンC誘導体化粧水でお肌のエイジングケアをする

サイクルプラス

ビタミンC誘導体 化粧水はしわやたるみ、くすみ・シミがある方にはイチオシですね。
年齢とともに肌のトラブルは増加するばかり・・・
何とかしなきゃ、と思ってもどんな化粧品を選んだらいいのか迷ってしまいます。

 

そこで、お肌を基礎から改善するビタミンCが必要になってきます。
どんな悩みがあれ、ビタミンCは肌には必須の成分なのです!

 

そんなお肌の万能薬と言われるビタミンCですが、不安定なところがデメリットです。

 

そこで登場したのがビタミンC誘導体です。

 

わかりやすくいえば、ビタミンCを安定的にしたものです。
せっかくの効果的成分も壊れてしまっては意味がありませんからね・・・

 

 

ビタミンC誘導体化粧水の効果ってどんなもの?

サイクルプラス

ビタミンC誘導体化粧水の効果について書いてみます。

 

細かく分けるとビタミンC誘導体には水溶性と油溶性があります。
水に溶けやすいものが水溶性、油に溶けやすいものが油溶性です。

 

なので、化粧水や美容液には水溶性、保湿クリームには油溶性のものが使われています。

 

ところが・・・、水にも油にも溶けやすいビタミンC誘導体というのが出てきました!
それがAPPS、と呼ばれるものです。

 

ビタミンC誘導体APPSは溶解性がいいばかりでなく、肌への浸透率も抜群にいいのです。

 

これまでのビタミンC誘導体の100倍もの浸透率を誇るというのだからすごいですね!

 

■ できてしまったメラニンを還元する

 

■ 抗酸化作用

 

■ 新陳代謝促進

 

■ 皮脂の分泌量のコントロール

 

■ コラーゲン生成

 

おお〜、なんだか素晴らしい働きがあるんですね!ビタミンC誘導体って!

 

ビタミンCは美肌の基本、必ず使った方がいいと言われますが、これを見ると納得です!
美白したい方やくすみを改善したい方にもいいし、吹き出物やニキビを抑える力もある。

 

角質をちゃんと外に排出するから肌の凸凹やごわつきも防げますね!
皮脂をコントロールできれば黒ずみなども予防できる!

 

そして、コラーゲンが豊富に肌にあればハリのあるぷっくりした顔になれる!

 

 

ビタミンCは美顔器やエステで肌に浸透させていく方法がありますね。
ところが、ビタミンC誘導体は塗るだけでそれと同じ効果が期待できるそうです。
簡単だし安上がりなところもうれしいですね。

 

そして、誘導体の形になると、肌に浸透したあとでビタミンCに変化して効果を発揮し始めるそうです。
肌の中でビタミンCに変わるというのがすごいです。
無駄なく成分を使い切ることができますね。

 

また、APPSは低刺激なところも大きなメリットです。
敏感肌やアトピー、肌の弱い方にも使えるところがうれしいです。

 

敏感肌でなくても春とか季節の変わり目に肌が敏感になったり炎症を起こすことがありますね。
私も肌は丈夫な方だと思っていたのに、季節の変わり目は最近トラブルが多いです。
そういう時にもビタミンC誘導体APPSは使いやすく、また効果もきっちり出ます。

 


ビタミンC誘導体、サイクルプラスは2剤式!

ビタミンC誘導体の唯一の欠点ともいえる不安定さ。
それを解消したのが「サイクルプラス」と言えますね。

 

使う直前に混ぜる「2剤式」はビタミンCの効果を余すところなく発揮します。

 

高浸透型ビタミンC誘導体APPS、サイクルプラスの「エンリッチローション」は、80ml入りのトライアルがおすすめ!
トライアルと言っても1か月分です。それでお値段はとても格安になっています。
これは試してみるしかないですね。

 

初回は、クレンジング、洗顔、乳液、クリーム、スペシャルケアのおまけもついています。
トータルでサイクルプラスを試すことができるのもうれしいですね。

 

このお値段だと10日分くらいのトライアルになってしまうのが普通ですが、なんと1か月分です。

 

 

 

美白とビタミンC

サイクルプラス

シミを消したりくすみを改善するためにもビタミンCが使われます。

これはビタミンCのどんな働きを利用しているのでしょうか?

 

ビタミンCには活性酸素を除去する働きがありますね。
活性酸素がなくなると、メラニン色素が沈着することも防げるのだそうです。

 

不要になったメラニンがちゃんと外に排出されるというわけですね。
こういうサイクルが整っていればシミができることも防げるというわけです。

 

若いころはターンオーバーがきちんとした周期(28日)で行われていて、メラニン色素が定着することがありません。
この理想的な肌サイクルに戻すためにも活性酸素の除去は不可欠になります。

 

活性酸素を除去するために、ビタミンCとともに使われるのがローズマリーや甘草などですね。
そしてメラニン色素生成の情報伝達を抑制するのが、カモミール、トラネキサム酸などがあります。

 

また、メラニン色素の生成そのものを抑制するためにアルブチンやイソフラボンがあげられます。

 

ビタミンC配合化粧品に一緒に使われているのは意味があることなんですね。

 

そのすべての元になるというか、なくてはならないのがビタミンCという成分です。

 

 

くすみ予防は早めに

シミやくすみなんてまだ先の事、と思っているとある日自分の肌を見てビックリ、なんていうことにも!
私も、顔色がくすんできたな、と思ったのは30歳頃だと思います。
まだまだ若いと思っていたのにショックでしたね。

 

肌がピカピカして綺麗だったのは25歳くらいまでかな、と思います。
25歳はお肌の曲がり角(古い)というのは本当のことですね。

 

その年齢をすぎてきちんとスキンケアしないと、くすみや乾燥はドンドン進んでしまいます。
35歳くらいになると20代のころとは全く違う肌になってしまいます。。

 

30代でもすごく肌がきれいで若く見える人と、40歳過ぎに見えてしまう人がいますね。
その差はやっぱりお手入れだと思います。

 

20代後半になったら乾燥を防ぎ活性酸素を溜めないようにすることが大事です。
保湿力の高い化粧品と肌の汚れを溜めないことがポイントですね。